ダイレクトメールで必要なメールだけを読むためのコツ

ダイレクトメールには必要なものとそうでは無い迷惑なものと二つに分かれます。別サイトでメールアドレスを登録したら毎日100件以上も迷惑メールが届くようになってしまったという方もいます。仕事が終わって形態を見たらメールフォルダ一杯に迷惑メールが溜まっていて大切なメールが消えてしまったということもあるわけです。メールの受信には受診費用がかかります。今は通信にかかるパケット代を使い放題にしているという方も多いですが月額で使える通信量を制限している方には迷惑メールを大量に受信するというのは困りものです。またダイレクトメールには必要なものもあったりします。迷惑なダイレクトメールと自分にとって必要なダイレクトメールとを見分ける方法を知っておくとそういったメールに悩まされなくてよくおすすめです。

必要なダイレクトメールを見分ける方法とは

数多くある受信メールの中から迷惑メールと友人からのメール、必要なダイレクトメールを見分ける方法があったらとても便利です。迷惑メールにはさまざまな種類がありますがメールを開いただけでウィルスに感染してしまうものや、個人情報が流出してしまう可能性があるものもあり簡単に開くのはとても危険であると言えます。まずは送信者を選別して振り分けるということが必要になります。送られてきたメールアドレスの送信者をチェックしていき必要なサイトのものや、興味がある内容サイトはアドレスを登録しておくと良いです。そうしておくことで送られてきた送信者の名前が、メールフォルダにしっかりと提示されますので簡単に判別することができます。それ以外のものは一括消去、またはアドレスをブロックしてしまうことがおすすめです。

迷惑なダイレクトメールはブロックをして受信ができないようにする

必要ではないと判断したダイレクトメールに関しては、その都度ブロックすることがおすすめと言えます。自身の形態のメール設定から簡単に行うことができますので面倒くさがらずに小まめにチェックして実施するようにしましょう。迷惑メールを送ってくる業者は、一度送ることができたメールアドレスに送信者名を変えて何回か送ってきますが、その都度ブロック設定をすることをおすすめします。そのうちに徐々にメールが減っていき最終的には来なくなります。都度の作業で大変ではありますが、最初に頑張って設定をすれば最終的になくなるものですので、やらないで放置しておくよりは良いです。可能であればメールアドレスを丸ごと変えてしまうという手もありますが、友人などにアドレス変更のお知らせをしなければいけませんのでそちらの方が面倒と言えます。