ノベルティグッズの歴史と効果

ノベルティとは近年企業が自社の宣伝や自社製品の販売促進のために配る記念品や販促品という意味合いになっていますが、実際の意味は珍しい事象や物の事を意味します。この元祖は江戸時代に販促目的で商店が開店時や大売出しの際に印刷物として客に配った引き札というものです。引き札は現代で言うチラシですが当時は印刷物というだけで珍しいものであったため、ポスターの様に自宅で飾られたりする実用品とされました。引き札には縁起の良い絵や今で言うクイズなどが書かれてあり、引き札欲しさに商品を購入する客も多くいたことから売上を大きく左右するものでした。紙であった引き札が時代の流れの中で現在のノベルティグッズに転身したのです。江戸時代と同様、現代もノベルティグッズの有無は売上を大なり小なり左右します。ノベルティグッズは非売品なのでその販促対象とされた商品を買わなければ基本的には入手出来ません。

また、数量が限られている場合が多いため、ノベルティグッズでありながら一般的な商品よりも人気が高まってしまったものはネットオークション等で高値で取引される事もあります。アパレル等で多いノベルティの取り入れ方としては、購入者が使った金額に応じてこれが変化するという方式です。金額の合計に応じてもらえる品の質も上がります。その為商品購入者はその一定の金額を超す為に本来目的としていたアイテム以外のアイテムも合わせて購入する確率が大幅に上がるのです。CD等の販促ではAタイプとBタイプの二つを同時購入すると記念品がもらえるというスタイルが多く見られます。また、スーパーや百貨店などでは定められた期間中にその施設内で買い物をし、レシートの合計に応じて抽選を行うという催しをすることによって販促活動を行っています。しかしこの中でも一番これが行われているのがファッション誌です。一冊の雑誌を購入するだけで人気ブランドのロゴが入ったポーチや鏡などが手に入る事から、普段は購入まで至らない人も付属している品の内容によっては雑誌を購入する確率が増えるのです。多くの分野でこの販促用のノベルティが導入され始めたことからそれ専用のグッズを作るメーカーも増えました。

ブランドが直接商品をメーカー側に発注する事もありますが、メーカー側からブランドに直接販促品の提案営業をする場合もあります。一から作る場合もあれば既製品にブランドロゴをプリントするだけの場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*