ノベルティーグッズを活用した営業活動について

企業の営業活動は企業内の営業部署が行うことが一般的ですが、実際に名刺交換などで相手企業に自社について認識してもらうことは非常に難しいのが実情です。長引く不況によって多くの企業が営業活動に力を入れており、人海戦術による営業活動などによって可能な限り多くの企業への営業活動を行う企業も存在しています。しかしながら、中小企業などの限られた人材によって営業活動を行う必要がある企業については、コストを掛けずに営業を行う工夫が必要となっています。この営業方法の一つが、ノベルティーグッズを使った営業方法です。ノベルティーグッズは、自社の社名などを文房具などの日用品に印刷することで、自社名をアピールするために使われます。このようなノベルティーグッズは様々な種類がありますが、代表的な例としてはカレンダーです。カレンダーは日常的に仕事中にも確認することが多いことから、多くの人が目にするため、宣伝活用としては効果が高いグッズとなっています。

しかしながら、このようなノベルティーグッズについては、同じようなグッズを多くの企業が営業のために使っており、年末になると同じようなカレンダーが多く企業へ配られることとなり、実際に利用されるカレンダーはほんの一部となっています。このような状況から、一般的なグッズでは営業効果を得ることが難しいのが実情です。このため、グッズを配る場合にも配布先の企業に利用してもらうための工夫が必要となっています。まず、グッズを利用してもらうための工夫の一つとして、仕事で使う物をノベルティーグッズとすることです。例えば、毎日使う文房具類としては、ボールペンなどがありますが、単なるボールペンではなく、手帳などで利用できる細めのボールペンなどを作ることで、オフィス以外でも利用してもらうことが出来ます。さらに、普段から使う物として、名刺入れがあります。名刺入れはほとんどの社会人が持っており、実際に毎日使うものであることから、質の良い名刺入れを配ることで、効果的な営業が可能となります。さらに、最近では仕事にパソコンを使うことが一般的となっており、このような業務に利用可能なグッズを配布することで、他社のグッズと差を付けることができます。

マウスパッドや画面のクリーナーなどについては、パソコンによる文書作成が一般的となっている現在のビジネスにおいては効果的なグッズと言えます。このように、工夫を凝らしたノベルティーグッズを配布することで、営業効果を高めることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*