条件設定により迷惑なダイレクトメールを拒否するやり方

パソコンを使って仕事を行う人にとって多少のストレスとなるのが迷惑めなダイレクトメールではないでしょうか。ダイレクトメールは気を付けていてもいつの間にメールアドレスが流出し、メールボックスに入ってきてしまいます。仕事のやり取りでメールを使う人ほど関係のないダイレクトメールをいちいち削除するのはとても面倒な作業です。そのためメール機能にもともとついているダイレクトメールを拒否する設定を利用するとよいでしょう。どのメール機能を使用するかによって機能は異なりますが、迷惑メールを自動的に振り分ける機能がついていることが多いです。この機能をすり抜けてしまったダイレクトメールに関しては、メールのメニューなどから迷惑メールを報告という項目をクリックするだけでそのアドレスからのメールを迷惑メールに振り分けることができるため非常に便利です。

ダイレクトメールを一括で拒否できる方法とは

ダイレクトメールは削除しても、削除してもすぐに別のメールアドレスから届くというのが現状です。そのため特定のメールアドレスを拒否して、届かないように設定してもいたちごっことなってしまうケースがほとんどです。フリーメールの中には自動的に、迷惑なダイレクトメールかどうかを判断し迷惑メールボックスに振り分けを行う機能がついているものもあります。そのためそういった機能がついているメールを使用することもおすすめです。またダイレクトメールがこうしたフィルターをすり抜けてしまうことが多い場合は、ドメイン指定を行うこともおすすめです。ドメイン指定といはアドレスのアットマーク以下を指定して受信したり、拒否したりできる機能です。ドメイン指定を行えば、同じ企業のダイレクトメールを簡単に拒否することができるため非常におすすめです。

ダイレクトメールが届く理由と少なくする方法とは

メール機能を使用すると、必ずといってよいほどダイレクトメールが届くようになります。なぜダイレクトメールが届くようになるのでしょうか。自分が気に入っている企業にメールアドレスを登録すると新商品の案内やセールの案内が届く場合があります。もちろんこうした登録作業は自身の意思で行うためダイレクトメールが届くのは納得いきますが、登録した覚えがないところからもダイレクトメールが届く場合が多いです。こうした見知らぬところからのダイレクトメールが届く原因は少なからず企業からメールアドレスの情報が流出している可能性もあります。そのためメールアドレスの流出を防ぐためにはむやみやたらに登録を行わないということが非常に重要です。また仕事用に使うメールアドレスとは別にフリーメールのアドレスを取得し、普段用で使用するなど使い分けを行うこともおすすめです。