迷惑なダイレクトメールを拒否するための機能を説明します

これだけインターネットが発達してくると、1度はインターネットで買い物やオークションなどした事があるかと思います。そうすると、買い物したところからのダイレクトメールや関連からのダイレクトメールが多数来たりします。その中には悪質なダイレクトメールやウイルスを拡散する為のスパムメールだったりする場合もあります。なので、自分が迷惑だなと思ったダイレクトメールは拒否設定にして、回避するのが一番賢明でしょう。もし、携帯にダイレクトメールが多数来るのであれば、機種ごとにやり方は変わりますし、パソコンの方に来るのであれば、それもまたやり方が異なります。どちらにせよ、サーバーでダイレクトメールを止める事ができます。時々そのダイレクトメールと一緒に、配信停止はこちらからというURLが貼られているが、決して安易にこのURLにアクセスしないようにしてください。

ダイレクトメールの拒否をする為の設定方法を教えます

多数来るダイレクトメールの中には、迷惑なダイレクトメールが潜んでいます。それは見た目では判別できません。最近では手が巧妙になっており、なりすましのメールなどもあります。その他にもURLが添付されているダイレクトメールの中には、出会い系やアダルトサイトなどに誘導するようなものも含まれています。そういったURLをクリックしてしまうと、架空請求などの被害に遭いかねません。携帯の場合、各携帯会社にて迷惑メールを拒否する設定がいくつかあります。まず試していただきたいのは、迷惑メールフィルターを強に設定する事です。そうすることで、携帯会社のサーバーにあるデーターベースとマッチングを行い、そこで悪質だと判断されたものは受診をブロックできます。次に試していただきたいのは、URL付のメールを拒否する設定です。

迷惑なダイレクトメールを拒否するための機能を説明します

URL付のダイレクトメールというのは、先程もお話しした通り、出会い系やアダルトサイトへ導く罠が隠されています。何も知らずにクリックしてしまうと、そこから個人情報が漏れ、架空請求というものが発生したりします。そういう罠にかからない為にも、きちんとした知識を持っておくべきです。パソコンですと、迷惑だと思ったダイレクトメールは、迷惑メールのフォルダに放り込めば終わりです。受診はされますが、本来のメールの受診トレイに入ってきません。携帯の場合は、受け取らないという設定にすれば、サーバーで止められる為、受信されません。最後の手段としては、受信されてきたダイレクトメールのメールアドレスをコピーして、そのメールアドレスからの受信を拒否するという形で設定することです。その方法は、そのメールアドレスからは絶対に受信されませんので安心ですが、複数ある場合は非常に手間かもしれません。